高値を期待する

アンティークな懐中時計

 専門書は一般書籍に比べると、販売価格が高いです。それは、一般書に比べると専門書の出版数は限られているため、一冊当たりの価格が高くなってしまうからです。医学書などは1冊だけで1万円を超えるのがざらにあります。そのため、いらなくなって買取をしてもらいたい場合も、高値を期待するかもしれません。しかし、一般書籍や漫画を扱っている通常の買取店では、二束三文にしかならないのが実情です。  専門書を高く買取してもらいたければ、専門書をメインに扱っている業者に売ることが必須です。それらのお店では、専門書を適正価格で査定してもらえます。なぜなら、一定数の顧客が専門書目当てで買いに来るため、需要があり、高値でも売れるからです。一般書籍を扱うお店では、それを目当てにする人が少ないため、どうしても買取価格が低くなってしまいます。

 古書は、骨董などと同様、専門に扱う業者が昔からあり、それらを扱う有名な古書店街が形成されていることがあります。例えば東京では、神田、早稲田などが有名です。そのような歴史あるお店は、それぞれ得意ジャンルがあり、店主の好みに合わせて買い入れる書籍を決めているため、とても趣味性の高いものです。しかし、近年、チェーン展開する古書店が古本を扱うパターンが増え、そのようなお店の数も少なくなってきました。  しかし、現在そのような古書店も生き残りをかけるため、独自策をとっています。たとえばインターネットを活用し始めたことが挙げられます。インターネットで古書を販売したり、仕入れをしたりしています。専門書買取りの場合、全国チェーンのように査定価格が一律ではなく、店主の目利きにかかっているので、専門書等のニッチな需要がある本は、高値で買い取ってもらえます。